【麺ロード】北むら食堂(佐野)

【麺ロード】北むら食堂(佐野)

 東武佐野線田沼駅から西へ徒歩約10分、気取らない店構えの食堂がある。豊富なメニューと確かな味、親しみやすい空間がリピーターをつくっている。

 店長北村俊野(きたむらとしや)さん(36)の父仁史(ひとし)さん(58)と祖父純男(すみお)さん(83)が約35年前に開業。俊野さんは高校卒業後、埼玉県での修業などを経て店を継いだ。

 家族とパート従業員で切り盛りする店はアットホームな雰囲気。カウンター、テーブル、座敷で約70席ある店内は広く、団体や女性客の利用も多いという。

 ラーメンやタンメンなど豊富なメニューの中、人気は「塩坦々麺」(税込み850円)。10年ほど前、俊野さんが「どこにもないものを作ろう」と考案した。

 練りゴマたっぷりのあっさりした塩スープが辛さと調和し、ひき肉の代わりに使う肉みそと太めの麺で味のパンチも十分。肉みそを混ぜながら食べると、さっぱりしたスープがコクのある味わいに。2段階で楽しめる一品だ。

 サイドメニューのもつ煮も人気で、持ち帰りの注文も多いという。もつ煮定食(並盛り750円)は、もつ煮とライスの量で4段階を用意し、客の好みにも細かく対応する。

 「親子3代に愛される店にしたい」と俊野さん。自分なりの「新しい風」も吹き込み、地域に愛される店を目指し続ける。

 ◇メモ 佐野市田沼町703。午前11時~午後2時、同5~8時(スープがなくなり次第終了)。月曜定休。(問)0283・62・1722。