市内で作付けが多いレタス畑。市は新年度から水田での路地野菜の栽培推進に向けた施策に取り組む

 【小山】水田での露地野菜栽培を推進しようと、市は新年度、市内にモデルほ場を設置し栽培技術の習得を促すとともに、新規導入などに対し補助する事業に乗り出す。県が進める「園芸大国づくりとちぎ」に呼応した事業で、コメ作りから高収益が期待される野菜への転換を後押しする。

 主食用米の需要が減る中、農家の経営安定や所得確保には需要のある品目を導入する必要性が高まっている。県は本年度、土地利用型園芸プロジェクト事業に取り組み始め、露地野菜の産地化に向け支援を行っている。

 一方、市は新年度から「高収益作物導入事業」を始め、モデルほ場を設けて品目の選定や栽培技術、雇用や販路の確保といった課題を実証しながら農家を確保する考えだ。