サッカーJ2は24日に開幕し、栃木SCは県グリーンスタジアムで金沢と対戦、0-0で引き分けた。

 栃木SCのシステムは3-4-2-1。DF藤原広太朗ら新加入の6人が先発した。試合は開始から劣勢の展開。2分に自陣左サイドで与えたFKを頭で合わされ、ボールはクロスバーをたたいた。41分にはMF岩間雄大が中央からミドルシュートを放ったが、ゴール上に外れた。

 後半19分には自陣ゴール前で1対1のピンチを招いたものの、GKユヒョンが果敢な飛び出しで阻止。最後まで粘り強く守ったが、ゴールは奪えなかった。

 栃木SCは3月3日午後2時から、ケーズデンキスタジアム水戸で水戸と対戦する。