【麺ロード】鶏塩レモンラーメン 金竜(足利)

【麺ロード】鶏塩レモンラーメン 金竜(足利)

 あっさりとした塩ベースのスープに、爽やかなレモンの香りが驚くほどよく合う。約2年前から提供を始めた「鶏塩レモンラーメン」(税抜き800円)は、夫婦でアイデアを出し合って作り上げた人気メニューだ。

 店主の森規(もりただし)さん(69)は、21歳で店を始めた。同じ年に、都内での修業中に知り合った妻房江(ふさえ)さん(69)と結婚。以来48年間にわたり、夫婦で店を切り盛りしてきた。

 「誰でも気軽に入れる店にしたい」と始めた中華料理店。当初は8人ほどの客でいっぱいになる小さな店だったが、今では50人以上も入れる店になった。

 調理は規さんが担当し、メニューは房江さんと相談して考える。2人でさまざまな飲食店を訪れ、研究を兼ねて食事をするという。「お互い楽しみながら、仕事にも生かしている」と口をそろえる。

 鶏塩レモンラーメンは、偶然から生まれた。他の料理用に準備したスライスレモンを「何となく」塩ラーメンに入れたところ、予想外に味が良かったため、正規メニューとして出すことを決めた。

 スープには天然塩を使う。精製塩とは「明らかに味が違う」という。「お客さんにはよりおいしいものを食べてほしい」。これからも二人三脚で、より良い料理を追求し続ける。

 ◆メモ 足利市伊勢町2の4の29。午前11時半~午後2時、同5~8時半。木曜、第4水曜定休。(問)0284・41・2636。