【よるのみや】焼酎と共に堪能を 「だれやめ処 楽」

【よるのみや】焼酎と共に堪能を 「だれやめ処 楽」

 「本格焼酎の店」と書かれた板を目印に、狭い階段を地下へ下りる。扉を開くと、眼前に広がるのは焼酎の瓶。耳には心地よいビートルズのナンバー。ちょっと不思議な空間だ。

 「メニューは全て焼酎と合うものばかりですよ」と店主の前田悟志(まえださとし)さん(39)。ではまず「薩摩知覧地鶏もも肉炭火焼」(税別1000円)からいただきます。独特の黒みを帯びた焼き上がりは南九州ならでは。鶏のシャキッとした歯応え、いぶされたことで加わるうまみとも申し分ない。

 対照的に、柔らかな白さが目を引くのは「温泉湯豆腐」(同500円)だ。温泉成分が溶け込んだ湯に漬けることでにがりが戻るが、不思議と苦みはない。ほどよい塩味と大葉の香味が絶妙の味わい。うまいな。

 合う焼酎はどれかな? すると前田さんが出したのは「夕(せき)」(1杯同500円)の瓶。香りが楽しめるお湯割りがお勧めだとか。

 同店の焼酎は8割が芋だが、品種などによって種類が豊富だ。特に「夕」は「芋が苦手でも大丈夫。僕自身、これを飲んで飲めるようになりましたから」。

 下戸の自分は、話を聞くだけでも楽しい。でも焼酎初心者なら、なお楽しいはず。だれやめ(疲れを癒やし)て、その深みに身を委ねるのも一興だべ。

メモ 宇都宮市材木町2の15チャームアップアカデミービル地下1階▽営業時間 午後6時~午前0時▽定休日 日曜▽(問)028・341・2340