大塚校長(手前)が作った号外を手に着陸成功を喜ぶ児童たち

 【宇都宮】探査機はやぶさ2の小惑星りゅうぐう着陸成功を受け、陽光小の大塚雅之(おおつかまさゆき)校長(59)は22日、手作りの「新聞号外」を急きょ作製し、6年生に配布した。同校は13日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)職員とりゅうぐう着陸が題材のプログラミング授業を開いたばかり。偉業達成を知った児童から歓声が上がっていた。

 大塚校長は小5の時、アポロ11号の月着陸を生中継で見て、理科教育の道を志した。現在は、校長室前に「はやぶさ2コーナー」を設け、打ち上げの際など折に触れて資料を掲示、児童の宇宙への関心を高めようとしている。13日には全国の小学校で初めて、教育スクール「ロボ団」(本部・堺市)とJAXAが共同開発したプログラミング教育用素材を使った授業を実施した。