震度6弱を観測した地震から一夜明けた北海道厚真町吉野地区=22日午前6時55分(共同通信社ヘリから)

 開放された「札幌駅前通地下歩行空間」で、毛布にくるまり仮眠する人たち=22日午前2時48分

 震度6弱を観測した地震から一夜明けた北海道厚真町吉野地区=22日午前6時55分(共同通信社ヘリから)  開放された「札幌駅前通地下歩行空間」で、毛布にくるまり仮眠する人たち=22日午前2時48分

 北海道で21日夜に発生した地震で、苫小牧市消防本部は22日、市内の80代と40代の女性、30代男性が転倒して軽傷を負ったと明らかにした。札幌市の70代男性も軽傷を負っており、けが人は4人。震度6弱を観測した厚真町では22日、水道管破損の影響で一時100戸超で断水した。道は、厚真町幌里、幌内両地区で小規模な雪崩を確認し、人的被害や巻き込まれた建物はなかったと発表した。

 トヨタ自動車は、トヨタ自動車北海道の工場の従業員2人が転倒して打撲したと明らかにした。関係者によると、苫小牧市の負傷者のうち40代女性と30代男性。