【よるのみや】和旬彩 右京 季節の移ろい味わう

【よるのみや】和旬彩 右京 季節の移ろい味わう

 季節の移ろいを感じたひとときだった。

 店主の小林悟(こばやしさとる)さん(43)が振る舞うコース(税別5500円)を所望すると、先付に「ハモのサラダ仕立て梅肉ドレッシング」(単品は税別1200円)が饗(きょう)された。小骨の処理が行き届いた白身は梅肉のほどよい酸味と相まって、まさに過ぎ行く夏を思わせる。

 彩り豊かな焼き八寸に目をやると「サンマの肝しょうゆ焼き」(同2000円)が。秋の訪れを感じながらほおばると、肝の濃厚なうまみが口中にふわっと広がった。

 すると「日本酒に合う料理を心掛けてきました」と小林さん。なるほど、滋味豊かな料理の数々は豊富にそろう日本酒とのマリアージュで完成形をみるのか…。下戸のわが身を恨みながら、黙々と皿を平らげる。

 そして、そっと差し出された「サンマの変わりすし」(同800円)に驚いた。シャリは酢飯ではなく、ミョウガ、ネギ、シソ、ゴマが混ぜ込まれている。

 爽やかさと香ばしさが入り交じった締めの一品は、この時季ならではの絶妙な味わい。日本酒が飲める皆さんなら、さらにいい思いができるでしょうなぁ。

 ■メモ 宇都宮市一条1の3の20メゾン一条1階▽営業時間 午前11時30分~午後2時、同5時~10時▽定休日 日曜、祝日▽(問)028・632・0722