【お持ち帰りグルメ】キャベツメンチ 坂文精肉店(日光)

【お持ち帰りグルメ】キャベツメンチ 坂文精肉店(日光)

 川治温泉街の国道121号線沿いにある「坂文(さかぶん)精肉店」は1957年に創業。テレビ番組や雑誌で取り上げられる揚げ物の人気店だが、最近はネットの口コミで訪れる若者が増えているという。

 ジャズが流れる店頭には12種類の熱々の揚げ物が並ぶ。一番人気はキャベツメンチ(税込み140円)。サクッとした食感の衣の中は甘い肉汁がたっぷり。ジューシーな味わいで、企業秘密という野菜を材料に入れることで胸焼けしないのが特徴だ。

 「だいたいの商品は『食卓会議』から生まれた」と語るのは、店主の坂内源之丞(さかうちげんのじょう)さん(74)。風変わりなチーズ入りのオランダコロッケ(同100円)、トマト入りのイタリアンコロッケ(同130円)は、家庭内の夕飯から商品開発された。

 今年1月には「日光ブランド」に認定。「味良し、親父良し!」「揚げたてサイコー!」。観光客らが書き込んだ店先の自由帳を眺めながら、坂内さんは「(うまい揚げ物のために)毎日が真剣勝負だよ」と楽しそうに笑う。

 日光観光の帰り、夕飯のお総菜に持ってこいの逸品。店頭で揚げ物を購入し、その場で食べると麦茶のサービスがある。

 ◆メモ 日光市藤原1238。午前10時~午後6時。木曜定休。全国郵送可。(問)0288・78・0211。