【麺ロード】麺屋ようすけ(佐野)

【麺ロード】麺屋ようすけ(佐野)

 国道50号の北側、東武佐野線田島駅の近くに店を構える「麺屋ようすけ」。休日はもとより、平日でも県内外から客が訪れ、長蛇の列が絶えない市内でも屈指の人気店だ。

 埼玉県熊谷市出身の店主田辺庸介(たなべようすけ)さん(35)は、多くの弟子を輩出している佐野らーめんの老舗「田村屋」で約7年間修業した。

 修業を終え店を開いたのは2012年11月。学んだ味をベースに、自分らしく個性を出したらーめんを提供している。自慢の手打ち麺は、通常の佐野らーめんに比べ、一段と弾力のあるコシの強い麺に仕上げた。手間はかかるが、生地を寝かせることで、滑らかで伸びにくい強い麺になるという。

 また定番のラーメン(税抜き580円)では、独自の麺に合わせ、スープはよりコクを出すために豚がらや鶏がらなど動物系の食材をふんだんに使用。パンチの効いた味を出した。

 田辺さんは「数多くあるラーメン屋から選んで来て下さっているので、喜んで帰ってもらえるように気持ちを込めて作ってます」と話す。

 店内には、田村屋での修業を意味する「一麺一心」の文字が掲げられている。「学んだことを大切に、『これでいいや』ということはないのでより良いラーメンを日々作っていきたい」とさらなる高みを目指している。

 ◆メモ 佐野市田島町232。平日は午前11時~午後2時半、午後5~9時。休日は午前11時~午後9時(全てラストオーダーは15分前)。火曜定休(祝日の場合は翌日休み)。(問)0283・85・9221。