【バーカウンターへようこそ】パイプのけむり池上町本店 相葉渉さん

 お客さまの中には転勤で宇都宮に来た方も多くいらっしゃいますが、実は私も「転勤族」。バーテンダーなのに、珍しいですよね。

 東京でこの世界に足を踏み入れましたが、「会社」には八つのグループ店があります。入社して1年半後、この「パイプのけむり池上町本店」に転勤となりました。

 宇都宮は人や街の雰囲気が何となく千葉県の地元に似ていて、自分自身、よくなじんでいると感じましたね。ところが1年後には銀座へ転勤。さらに福島県会津若松市を経て、再びここへ戻りました。

 宇都宮は通算3年。気づけば最も長く勤務する土地になりました。

 かつて常連だったお客さまの中には、出張や旅行のときに会いに来て「あの頃は〇〇だったね」と昔話をしてくれます。転勤してきた方とは「住民票を変えるときの手続きは…」など、転勤族ならではの話題に花が咲きます。

 住む環境が変わっても、その地域の人は温かい。転勤を重ね、人と人とのつながりのありがたさを実感しました。

 「オレたち転勤族」みたいになってしまいましたが、今回はもっと宇都宮に根付きたいですね。そして、お客さまの地元の話をもっと伺いたいと思っています。

 ◆メモ 宇都宮市池上町2の1プラチナビル5階。(問)028・635・9281▼出身地 千葉県市原市▼バーテンダー歴 4年半▼お薦めの一杯 スイカのマティーニ