【バーカウンターへようこそ】バー・ヤマノイ 山野井皇さん

 ジントニックは人気カクテルの一つで、よく注文をいただきます。そして作り始めると「混ぜ過ぎじゃない?」「目が回らないの?」と質問が。

 当店では氷が入ったグラスにジンを注いだ後、20回以上バースプーンでステアします。目安はグラスに水滴が付く程度でしょうか。

 なぜこんなに混ぜるのか?

 アルコール度数が高いジンなどは、ほかの液体より浮きやすい性質があります。そのため、グラスとお酒、氷を同じ温度にして冷えた炭酸水などを注げば、自然に全ての材料が混じり合うのです。

 ちょっと理科の実験みたいでしょう? つまり、最初のステアは混ぜるというより冷やすため。そうすれば、炭酸水を注いだ後でさらにステアする必要がなく、炭酸がしっかりした爽快感のあるジントニックができるというわけです。お客さまは、泡の立ち具合にくぎ付けですよ。

 もちろん、これは私個人の考え。炭酸水やアルコールを入れる順番やステアの仕方はバーテンダーによって違います。

 カクテルを作っているときのしぐさに注目すると面白いもの。バーテンダーのこだわりを探しながら味わう一杯は、よりおいしく感じられるかもしれませんよ。

 ◆メモ 宇都宮市江野町2の6高橋ビル2階。(問)028・637・8011▼出身地 宇都宮市▼バーテンダー歴 8年▼お薦めの一杯 ラッフルズ・シンガポールスリング