「とちぎマルシェ」に出店したFACTORY=20日午後、宇都宮市のFKD宇都宮店

 本県産の“知られざる”逸品を集めた福田屋百貨店(宇都宮市)の「とちぎマルシェ」が20日、FKD宇都宮店、同インターパーク店を中心に始まった。「栃木県」をキーワードに各売り場で商品を提案する企画販売は初めて。28日まで開く。

 衣料・雑貨では、モンゴルに紡績工場を構え、婦人服を製作するFACTORY(足利市)の春夏商品、帆布縫製50年の歴史を持ついちひこ帆布(栃木市)のバッグなどを販売している。23、24の両日は、宇都宮市に拠点を置く寝具の西川(東京都)が羽毛布団の実演販売をする。

 「食」関係では、イチゴ加工品を一堂に集めた「いちごマルシェ」、話題のスイーツ店が順次出店する「スイーツマルシェ」、移動販売車が店内に乗り付けるなどレストランと連携した「フードマルシェ」も開かれている。