【麺ロード】佐野らーめん くにや(佐野)

【麺ロード】佐野らーめん くにや(佐野)

 佐野市街地の西、秋山川沿いにある一軒のラーメン店。うま味調味料を一切使わない「無化調」のスープにこだわる店だ。

 店長の勝田茂樹(かつたしげき)さん(51)は、かつて市中心部で割烹(かっぽう)料理店を営んでいた。素朴で気軽に食事ができる店を出したいと、3年前に自宅を改装し構えた。自宅に帰ってきたような気持ちでと、玄関は残し靴を脱いで食べるスタイルにした。

 ラーメン作りはすべて独学。約200店がひしめき合う市内のラーメン店の新規参入には、特徴がないと生き残れない。割烹料理で学んだ和食の知恵をスープに注ぎ込んだ。

 野菜、肉、海草を時間を掛けて煮込み、丁寧に灰汁(あく)を取り、特製のしょうゆだれを合わせて、黄金色のスープに仕立てる。うま味をさらに出すために少量のとろろ昆布を添えるのが特徴。シンプルな佐野ラーメン(700円)のほか、小ぶりで昔ながらのギョーザ(5個450円)も人気。裏メニュー的なプルプル豚足(500円)は、市外から足を運ぶ人も。

 「客は待ってくれるが、ラーメンは待ってくれない」が持論。どんなに忙しいときでも、一度に調理するのは4人前まで。出来たてを素早く客に提供する。

 「毎日が修業。少しずつ進化させていかないと、客が離れてしまう」と自分にも厳しい。何年たっても客が飽きずに来てくれる店を目指している。

 ■メモ

 佐野市大橋町2207。午前11時~午後2時、午後5~9時。木曜、第2、4水曜定休。(問)0283・22・0051。