【麺ロード】蕎麦専門店 愉庵(小山)

【麺ロード】蕎麦専門店 愉庵(小山)

 「厳選素材はもちろん、店づくりや器を含めたバランスの良さを心掛けている」。こだわりについて、店主三宅修(みやけおさむ)さん(43)はこう説明する。

 33歳の時、体調を崩したことをきっかけに食生活の大切さを痛感し、興味があったそば打ちを独学で始めた。直感的に「自分に向いているそば道を究めたいと思った」という。

 週末を利用して東京都葛飾区にある著名なそば職人矢澤登志和(やざわとしかず)さんの店「吟八亭やざ和」に通い、技を磨いた。

 「そばで勝負したい」と一念発起。38歳で勤務先を退職し宇都宮市中心部で独立した後、昨年11月、自宅に近い小山市内に店を構えた。

 茨城県産「常陸秋そば」を自家製粉し水のみで打ち上げる十割そば、辛みのあるつけ汁が人気を集める。ひきたて、打ちたて、ゆでたてを大切にし、そば湯を入れた時、カツオの香りも楽しめるように気を配る。

 天ぷらは活(いき)車エビや季節の野菜が並ぶ。コクとうまみのあるカモにもこだわった。看板メニューは「天せいろ」(税抜き1580円)と限定20食の「十割そば 田舎せいろ」(同800円)。那須の赤玉を使った「玉子焼き」(同650円)も自慢の一品。「この道に進んで良かった。そばと向き合っていくことを決めた初心を忘れない」

 ◇メモ 小山市駅南町3の29の30。午前11時15分~午後4時。月曜、第3火曜定休。(問)080・4097・8800。