日本高野連は、投手の球数制限について、専門家を交えた「投手の障害予防に関する有識者会議」を4月に発足させ、検討するとした。