【麺ロード】足利麺(足利)

【麺ロード】足利麺(足利)

 麺やスープ、ラー油からソースまで徹底的に手作りにこだわる。薄い幅広の「ひもかわ麺」が話題となり、県内外から多くの人が訪れる人気店だ。

 店主の植木昭男(うえきあきお)さん(76)は約40年前にラーメン店を始めた。当時は埼玉県熊谷市でプラスチック工場を経営していたが、「通っていたラーメン店がうまかったから」と同市内に開業。33年前に生まれ育った足利市に戻り、「足利麺」を開いた。

 看板メニューのひもかわ麺は幅13センチ、長さ20センチ。もともとは余った麺の生地を伸ばして従業員のまかないとしていたが、好評だったため新メニューとして提供したという。

 麺はひもかわに加え、手打ち、細麺の3種類から選ぶことができる。小麦粉を独自にブレンドした生地により、もちもちした食感が楽しめる。

 人気メニューは、唐揚げを5個載せたボリューム満点の「からあげラーメン」(税込み850円)。カリカリになるよう、片栗粉を多めにして作る。スープは鶏がらと野菜をじっくり煮込んだしょうゆ味だ。これからの季節は「冷しラーメン」(同750円)もお薦めという。

 「すべて手作りでないと納得できない」と植木さん。一杯のラーメンには、多くのこだわりが詰まっている。

 ◆メモ 足利市堀込町2540。午前11時半~午後2時半、午後5時~8時40分(火~土)。午前11時半~午後8時(日)。月曜定休。(問)0284・72・1277。