小中学校への持ち込み禁止が見直されることになったスマートフォンや携帯電話。県内では19日現在、公立小中学校への持ち込みは原則認められていない。

 県教委によると、県PTA連合会などで構成する「県青少年のための良い環境づくり実行委員会」が2009年度、子どものインターネット機能付き携帯電話を巡るトラブルが全国で多発していることを踏まえ、「とちぎの子どもを携帯電話の危険から守る行動アピール」を発表。これに基づき、県教委は市町教委に対し、持ち込みを原則禁止する方針を通知した。

 保護者の要望などで例外的に持ち込みを認める場合は、教員が一時的に預かるなどの対応を取っているという。柴山昌彦(しばやままさひこ)文科相の会見を受け、県教委は「現時点で(スマホなどの持ち込みに関する)方針の変更は考えていない」とした。