【ワシントン、北京共同】米中両政府は19日、米ワシントンで次官級による貿易協議を再開した。貿易摩擦解消に向けて21~22日は閣僚級協議が予定されており、中国の構造改革などの争点について事務レベルで事前調整を進め、首脳会談での決着に道筋をつける構えだ。

 中国外務省の耿爽副報道局長は19日の記者会見で、米国との貿易協議について「互いに歩み寄り、双方が受け入れ可能な合意に達することを希望する」と述べた。

 次官級協議には米国側は通商代表部(USTR)のゲリッシュ次席代表らが出席し、中国側は王受文商務次官らが参加するとみられる。