【ニューヨーク共同】連休明け19日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前週末比25銭円安ドル高の1ドル=110円67~77銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1286~96ドル、124円97銭~125円07銭。

 日銀の黒田東彦総裁が、円高が進行すれば追加金融緩和に踏み切る可能性に言及し、円安ドル高が進んだ東京市場やロンドン市場の流れを引き継いだ。