コーナーを設置する生徒たち

 【日光】日光明峰高はこのほど、高校生がお薦めする本の紹介コーナーを御幸(ごこう)町の市日光図書館に初めて設置した。校内図書委員の生徒が定期的に内容を更新し、市民の読書への関心を高める。地域連携事業の一環で、存続が危ぶまれる同校のアピールにもつなげたい考えだ。生徒たちは「コーナーを通じて、言葉だけではない多くのことが伝わってほしい」などと意気込んでいる。

 生徒が社会に貢献し、視野を広げることを目指している。同校は「図書館を盛り上げ、利用者との交流も図っていきたい」としている。同図書館では既に、中学生が推薦する本のコーナーを設置しており、利用者から好評だという。

 1回目のコーナーの企画は「時計の数字にちなんだ本」。絵本や科学、ミステリーなど幅広い年齢層が楽しめるジャンルの本から、数字を含んだタイトルのものを生徒が選定して紹介することにした。