バイクとともにおはらいを受ける参加者

 真岡市東郷の大前神社の境内社で、旅の守護の御利益から「バイク神社」として親しまれている「足尾山(あしおさん)神社」で17日、「第7回空(そら)ちゃん参集」が開かれ、訪れたライダーが交通安全を祈願した。

 催しはバイク愛好者の東光寺1丁目、自営業吉川正人(よしかわまさと)さん(50)が発案。「空ちゃん」は、吉川さんがバイク雑誌に連載する漫画のキャラクターだ。

 今年はバイク好きタレントの国友愛佳(くにともあいか)さんが司会を務めた。幅数十センチの工事用足場の上をゆっくり走ってタイムを競う「のろのろレース」が開かれたほか、昨年7月の「鈴鹿8時間耐久ロードレース」に出場した「CBR1000RR」の展示もあった。参加者はイベント後に神職からおはらいを受け、安全を祈願した。

 3年連続で参加した新潟市西区、自営業伊藤俊哉(いとうとしや)さん(51)と同市東区、会社員村山弘一(むらやまこういち)さん(51)は「神社で行うバイクイベントは全国でも珍しい。無事故無違反の願いを込めました」と話した。