関西電力本店=大阪市北区

 関西電力は19日、京都市の西京都変電所と島原変電所を結ぶ送電線工事で作業ミスがあり、19日午後1時5分ごろ京都市の一部で電圧が瞬間的に低下したと発表した。住宅や工場、公共施設など約26万軒に影響が出た可能性がある。

 市内では信号が止まるなどのトラブルが続発し、関電が電圧低下との関連を調査中。市交通局によると、市営地下鉄の烏丸線5駅と東西線2駅で、自動改札や券売機などが一時停止した。列車の運行に影響はなく、けが人はいない。

 ジェイアール京都伊勢丹では、一瞬電気が落ちエレベーター2基が約1時間15分停止した。エスカレーターは全て止まったが、けが人はなかった。