【お持ち帰りグルメ】「むくむくパン」 あすなろパン工房風(那須烏山)

【お持ち帰りグルメ】「むくむくパン」 あすなろパン工房風(那須烏山)

 山あげ会館内に併設された「あすなろ パン工房 風」は、障害者の作業訓練所として2006年にオープン。「障害者福祉サービス事業所あすなろ」の利用者が作る約30種類のパンは好評でなじみ客も多い。

 そんなメニューに新たに加わったのが「むくむくパン」(税込み140円)だ。材料に南那須地区産のみそと地酒東力士の酒かすにクリームチーズを使用。味は表面は固めで香ばしく、口の中にこくと風味が残り大人向けの上品な仕上がりとなっている。

 名前の「むくむく」は店の窓越しから見える青空に浮かんだ雲をイメージした。「パンを作る利用者の心が青空と風で、彼らが作り出すパンはそこに浮かぶ雲」と話すのは考案者で店の責任者手塚裕子(てづかひろこ)さん(63)。作業場では手塚さんや作業に当たる利用者の笑い声が聞こえ、店内を温かい雰囲気で包んでいる。

 そのほか、一番人気のメロンパン(同120円)や辛口ウインナーパン(同180円)、みそチーズパン(同180円)もお薦め。店内はカフェもあり、コーヒー(同200円)や買ったパンも食べられる。店の窓から“雲”を見て、お気に入りのパンを探してみては。

 ◆メモ 那須烏山市金井2丁目の5の26。午前11時~午後4時。土、日、月曜定休。20個以上は配達あり。(問)0287・83・1514。