【この店この逸品】「網焼きタンドリーチキン」 益子家(真岡)

 香ばしく焼き上げられたチキンを口に運ぶと、鮮烈なスパイスの香りとほのかな甘みが鶏肉の味を引き立てる。ピリッとした辛さが後を引き、ビールとの相性は抜群だ。

 「網焼きタンドリーチキン」は鶏もも肉約180グラムをガラムマサラなど19種類のスパイスとヨーグルトに漬け込み、石を使った焼き台で焼き上げた一品。あえてインドなどで使われるタンドール釜を使用せず、ジューシーさや香ばしさなどを引き立たせているという。

 オーナーのマユさん(36)は2013年、益子町で持ち帰り専門店として同店を創業。15年10月、現在の場所に移転し、チキンとビールにこだわったこの店をオープンさせた。店名についてマユさんは「益子の人によくしてもらい、この店を構えることができた。感謝の気持ちを忘れないために名付けた」と話す。

 ビールにもこだわり、ジャマイカやベルギーなどから輸入した19種類が楽しめる。マユさんは「女性の一人客も多く、ゆっくりと穏やかな雰囲気を大切にしている店」とPRした。

(終わり)

 ◇メモ 「網焼きタンドリーチキン」は690円(税込み)▽真岡市並木町1の12の12▽電話080・6654・3378▽営業時間 午後6時15分~午前0時、月曜日定休(臨時休業あり)