【よるのみや】季節に応じたメニュー充実 中国料理 銀座園

【よるのみや】季節に応じたメニュー充実 中国料理 銀座園

 オリオン通りから釜川に抜ける路地の角に店を構える。店名は創業者が東京・銀座で修業したことに由来。開業62年目を迎え、3世代、4世代にわたり長く訪れる人も少なくない。

 スパイシーな香りが食欲をそそる「カキのチリソース」(税別1800円)は、そんな常連客のリクエストから生まれた冬場のお薦めメニュー。「卵とネギだけのチャーハンなど、求めに応じてメニュー表にない料理をお出しすることも多い」と3代目の滝口健太郎(たきぐちけんたろう)店長(41)。

 「オリジナル巻き揚(あ)げ」(同1300円、8カット)は、豚の網脂で五目やエビ、カニなどを巻き揚げたボリューム感ある一皿。こちらは40年前からの看板メニューの一つだが、豚の内臓周りに付く網脂は冬場に質が良くなるため、やはり季節の品となっている。

 これらは単品のほか月替わりで内容を変える「季節のコース」(同4000円、2人から)にも組み込まれている。「炒め物や点心などの定番から旬の味まで、食との出会いを気楽に楽しんで」と滝口さん。ワインや紹興酒も充実しており、家族だんらんや仲間との語らいで、ゆったり過ごすにはぴったりのお店だ。

 ◇メモ 宇都宮市曲師町4の11▽営業時間 午前11時30分~午後2時30分ラストオーダー(LO)、午後5時~同9時LO(日曜・祝日は8時30分LO)▽定休日 月曜▽(問)028・633・3915