県が2019年度中に実施する県グリーンスタジアム(通称・グリスタ、宇都宮市清原工業団地)の芝張り替え工事で、完工予定が20年5月であることが18日、関係者への取材で分かった。芝の養生に約3カ月間を見込んでいるためで、サッカーJ2栃木SCの20年シーズン開幕には間に合わない見通し。栃木SCは養生期間の短縮を求めており、県教委スポーツ振興課は「要望を踏まえて妥協点を見いだしたい」としている。

 県教委によると、工事は栃木SCの19年シーズン終了後の11月下旬に着手する。土壌の全面入れ替え、地下排水溝、スプリンクラーの設置などを計画し、芝張り替えはそれらが完了した20年1月中を予定する。