芳賀中央病院の完成予想図

芳賀中央病院と商業施設

芳賀中央病院の完成予想図 芳賀中央病院と商業施設

 【茂木・市貝】茂木町茂木の社団医療法人「弘全会」(中野智文(なかのさとふみ)理事長)は、運営する「茂木中央病院」(40床)と芳賀町祖母井の「芳賀中央クリニック」(19床)を統合し、市貝町中部、上根の県道宇都宮茂木線市貝バイパス沿い北側に「芳賀中央病院」(74床)を開設する。来年6~7月の開院へ向け今春着工の見通し。同県道を挟んだ南側では、商業施設の出店計画も進んでいる。

 常勤医師は2人で、内科、外科、整形外科、リハビリテーション科など10の診療科を掲げる。現在の2施設を合わせた病床数に一般病床(救急医療)を15床増やし、救急患者受け入れに24時間対応する。病状が安定した患者の在宅復帰を支援する「地域包括ケア病床」も19床含まれる。