2018年度ベストナイン表彰を受けた選手たち=宇都宮市内

 県野球連盟(中山勝二(なかやまかつじ)会長)は17日、宇都宮市内で第74回定時評議員会を開き、2019年度の収支予算のほか、今夏に開催される第50回記念県学童大会兼第36回町内学童大会などの事業計画を承認し、18年度のベストナイン表彰を行った。

 新年度は4月13日に開幕する下野新聞社杯第52回選抜大会を皮切りに、各地で熱戦がスタートする。関東大会は高松宮賜杯第63回全日本大会の1部・2部など本県で4大会が予定されている。

 ベストナインは次の通り。

 ▽投手 寺田哲也(ALSOK北綜警)▽捕手 宮本康平(足利赤十字病院)▽一塁手 渭原悠太(同)▽二塁手 山城紹史(同)▽三塁手 大木智弘(ALSOK北綜警)▽遊撃手 山口優介(富士通那須)▽外野手 佐藤真也(同)伊藤篤(足利赤十字病院)荒井勇介(ALSOK北綜警)