【この店この逸品】「カレーうどん」姫石うどん(茂木)

 ややとろみがあるルーと手打ちの太麺がよく絡み、マイルドな辛さが後を引く。2013年6月の開店当初からの人気メニューでリピーターも多く、隣接の茨城県からも食べに訪れるという。

 ルーはかつお節ベースの自家製つけ汁に香辛料を加え、豚肉とタマネギを入れて煮込む。店主の塩田明子(しおだあきこ)さん(67)は「味がぼやけないように具は2品だけ。うまみを出すためにタマネギは惜しみなく使います」と明かす。

 つけ汁を使うことでルーの味に深みが出るとともに、歯ごたえが残る程度に煮込んだタマネギが甘みとこくを生むという。麺は地粉を使い、塩田さんが定期的に手打ちしている。

 さらにサービスで付く小鉢3品とおしんこはお得感たっぷり。小鉢はひじきやきんぴらごぼう、ポテトサラダなど、以前に東京で小料理屋を営んでいたという塩田さんが手作りした総菜が日替わりで並ぶ。

 「料理を待っている間にもお客さんに喜んでもらえれば」と塩田さん。家庭の味が味わえると、特に独身の男性客に好評だという。

 ◇メモ「カレーうどん」は700円(税込み)▽茂木町小井戸1175▽(問)0285・63・4082▽営業時間 午前11時30分~午後2時、午後6時~状況に応じて▽定休日 月曜