【この店この逸品】「歳時弁当」和食 了寛(宇都宮)

 東武宇都宮線南宇都宮駅前の大谷石蔵をモダンに改装した店内で味わう本格的な日本料理。昼は2千円台と4千円台2種のコースと、この歳時弁当が味わえる。

 五節句を中心に、ほぼ月ごとにメニューが変わり、今は28日まで「紅葉狩り」の名で供されている。

 サワラ(または寒ブリ)の幽庵(ゆうあん)焼、柿なますのごまクリームあえ、揚げぎんなん、エビしんじょう揚げなど、丁寧な作りの料理が、上質で愛らしい陶磁器に品良く盛り付けられ、小ぶりの三段重に収まる。紅葉がさりげなく添えられ、晩秋の風情で満たされる。

 店主の田巻了寛(たまきのりひろ)さん(41)は「日本の歳時記を、料理を通じて特に若い人に伝えたい。肉も魚も野菜もバランス良く。地産地消を意識して」という、明確な意図をこの一品に込めている。

 食後は西伊豆堂ケ島産のテングサで作る寒天と十勝産小豆のあんが主役のあんみつが運ばれる。深い味わいが、添え物でないことをさりげなく主張する。

 限定30食は予約で埋まることが多いので注意が必要だ。

 ◇メモ 歳時弁当は1800円▽宇都宮市吉野1の7の10▽(問)028・611・1711▽営業時間 午前11時30分~午後3時(最終入店2時)、午後6~10時(同8時)▽定休日 月曜、第1日曜