【この店この逸品】「スタミナラーメン」 らーめん村(宇都宮市)

 宇都宮市東部、清原地区の国道408号沿いの畑が広がる場所に店を構える。

 9年間、市内の中華料理店で修業をした永山好正(ながやまよしまさ)さん(57)が1986年にオープンした。開店以来の人気メニューがスタミナラーメンだ。辛党の永山さんのオリジナルで、豆板醤(とうばんじゃん)とニンニクをたっぷりと入れる。具は豚肉とタマネギ、ニンジン、ピーマンで、スープにはかたくり粉を使い、広東麺風のとろみがある。

 隣接する「ふれあいかみこもりや直売所」の野菜を使い、安全安心にも気配りする。同直売所は同市地産地消推進会議から「うつのみや地産地消推進店」の認定を受けている。

 麺にもこだわり、開店直後から自家製麺を提供。「小麦粉と卵の割合を試行錯誤した結果、卵を多く使うことで、ゆで上がりが良くなる」。地産地消と手作りにこだわり、客の満足度を高めている。

 中華料理は、注文を受けてから取り掛かるので、手際よさが勝負だ。永山さんは、麺をゆでている間にすべての具を作り、数分で作り上げる。人気の逸品はスピードも魅力のようだ。

 ■メモ

 「スタミナラーメン」は800円(税込み)▽宇都宮市上籠谷町3372の8▽(問)028・667・1526▽営業時間 午前11~午後2時、同5時~10時▽定休日 月曜日