【カフェ巡り】グリムカフェ(足利)

 店舗前に置かれたアコースティックギターが通行人の目を引く。ドアを開けると、昼時にはポップス、夜にはロック系のBGMが心地よく流れる。「音楽とカフェの融合」が店のコンセプトだ。

 市内でライブハウスを経営する石原祐希(いしはらゆうき)さん(27)が、「みんなが気軽に集まれる場所を」と、ことし1月にオープン。店名には「グリム兄弟のように、兄(ライブハウス)と弟(カフェ)が協力し新しい物語をつくりたい」との思いを込めた。

 内装は木にこだわり、カウンター以外のテーブル類はほとんど手作り。「母親の味がベースとなっている」という甘口のドライカレーや、パンにバジルやオレガノを練り込んだオリジナルのホットドッグなどが常連客の人気を集める。

 2階には地元アマチュアバンドの発表の場となるライブスペースや貸しスタジオも開設。このため店内には主力の20、30代女性に加え、楽器片手の音楽愛好家の姿も目立つ。

 「このカフェを通して音楽の良さを知ってもらいたい。そして将来的にはメジャーなバンドがここから育ってほしい」。石原さんの究極の夢だ。