【続・北の味めぐり】ジェラート Rossiロッシ(那須)

【続・北の味めぐり】ジェラート Rossiロッシ(那須)

 落ち着いた白と黒の外装のドアを開けると、ケースに並んだジェラートが目に入る。定番のバニラから季節のフルーツを使ったシャーベットなど34種類が陳列され、目移りしてしまう。

 「味だけでなく、見た目や食感も楽しんでもらいたい」と話すのは、店長の中田耕太郎(なかたこうたろう)さん(50)。他のジェラート店との差別化を図るため、フルーツやビスケットを加えた華やかなトッピングが特徴だ。なめらかな舌触りに加え、ビスケットのサクサク感なども楽しめる。カップからはみ出るほど盛られ「ケーキみたい」と喜ぶ人もいるという。

 チョコレートやラムレーズンなどは、約10年前の開店時から人気。季節に応じ桃やクリなどを使ったメニューもある。 

 この夏のおすすめは「バナナココナッツ」。南国をイメージさせるココナツミルクとバナナの相性は抜群で、夏にぴったりのさっぱりした味わい。チョコレートのつぶつぶ感がアクセントになっている。

 店内にはイタリア、スペインなど、ヨーロッパを中心とした輸入雑貨コーナーも併設。ジェラートを食べながら異国情緒も味わえる。

 ◆メモ 那須町高久丙1209の1。1セレクト350円、2セレクト380円、3セレクト430円。午前10時~午後6時(7、8月は午後7時まで)。火曜定休。(問)0287・76・7335。