21日から始まる「あそ雛まつり」のPRチラシ

 【栃木】市内中心部をひな飾りで彩る催し「あそ雛(びな)まつり」(とちぎの雛まつり実行委員会主催)が21日から始まる。3月10日まで。今年は初めて、最終日に旭町の神明宮で、おはらいを受けて知恵や丈夫な体を授かる「十三参り」が実施される。日本の伝統的な風習を残すきっかけをつくることなどが目的。対象は小学6年生の女児で、参加者は着物をまとって参拝する。実行委は参加を募っている。先着20人。

 十三参りは、生まれた年の干支(えと)が一巡りした数え年で13歳の子どもたちが寺社を参拝する伝統行事。