【カフェ巡り】珈琲蔵(足利)

【カフェ巡り】珈琲蔵(足利)

 店名を表す店舗の「蔵」は、江戸末期の建築。米蔵として使われていた、と伝えられる。

 喫茶店として生まれ変わったのは1978年。店主の亀田浩三(かめだこうぞう)さん(68)は「喫茶店はお客さんにゆっくり落ち着いていただくところ。そういう意味で蔵は最適だった」と振り返る。

 メニューはコーヒーとトースト類が中心。至ってシンプルだが、自家製にこだわる。看板メニューのコーヒーは「豆の良さを最大限引き出せる」と自家焙煎(ばいせん)。厨房(ちゅうぼう)のオーブンで焼かれたパンは、店内に設けられた販売コーナーでも人気だ。

 そして、建物を支え続けた太い梁(はり)や柱、手作りのテーブルなどが織りなす蔵独特の重厚な雰囲気が、最大の売りという。

「皆さん1時間以上はいる。時々、ついでのようにコーヒーもおいしいね、と言われガクッとくることもあるが、それでいいんでしょうね」と亀田さんは笑う。

 「忙しいこの時代だからこそ、リラックスできる場を提供していきたい」。喫茶店主としての思いは、今も変わらない。

 ◇メモ 足利市旭町2292。午前8時~午後7時。月曜定休。電話0284・41・3585。