自分たちが作った干し芋を手にする氏家さん(右)、田口さん

 【小山】障害者就労支援施設「社会就労センターいっすんぼうし」(出井)の利用者が、栽培から加工まで手掛けた干し芋が完成し、下国府塚の道の駅思川で14日、販売を始めた。農家の協力を得て休耕田を活用し、熟成方法などを工夫して製造した。農業と福祉の連携による障害者の雇用創出を目的に市が進める「農福連携」のモデルの一つとして注目されている。

 同施設ではこれまでも、就労訓練の一環としてニンジンやトマト生産などの農業に力を入れてきた。干し芋は、農閑期となる冬に製造できることから今季、本格的に始めた。