2019年度当初予算案を発表する佐藤市長

2019年度宇都宮市一般会計当初予算案

2019年度当初予算案を発表する佐藤市長 2019年度宇都宮市一般会計当初予算案

 【宇都宮】市は14日、2019年度当初予算案を発表した。一般会計は2165億円で、18年度当初比2・4%減になったものの、過去2番目の規模となった。次世代型路面電車(LRT)整備、テクノポリスセンター地区への小学校新設などの大型事業を継続しつつ、低所得世帯の給食費免除をはじめ子どもの貧困対策なども盛り込んだ。佐藤栄一(さとうえいいち)市長は「次の世代が安心して生活できるよう、将来への投資に力を入れた」と述べた。

 歳出では、幼児教育無償化に伴い私立保育園費などが増え、扶助費が18年度当初比4・3%増の572億円となり、過去最大を更新した。一方で前年度、市街地開発組合の解散に伴う残余財産収入60億円を充てたLRT整備基金は、59億7100万円の減となった。