アフターDCを前に記者会見した(左から)JR東日本の中村知久大宮支社長、福田知事、東武鉄道の都筑豊鉄道事業本部長=14日午後、県庁

 県とJR東日本、東武鉄道の3者は14日、県庁で記者会見し、「本物の出会い 栃木アフターデスティネーションキャンペーン(アフターDC)」の概要を発表した。目標値に届かず課題となっている宿泊者増などを目指し、県内各地で展開される特別企画は233(1月末現在)に上る。

 昨年4~6月の本番に続き、アフターDCは今年4~6月に実施する。花、食、温泉、自然、歴史・文化の5テーマの下、各地で練られた特別企画は昨春の276から厳選したという。

アフターDCで新たに行われるDC特別企画の一部  
市町    企画                  実施期間
矢板市   たかはらアドベンチャーフェスティバル 5月18~19日
上三川町  かみのかわブランドフェア2019   4~6月
高根沢町  高根沢ジェラート           4~5月上旬
      春限定フレーバー「桜ブラン」
那珂川町  なかチョイス             4~6月
足利市   足利灯り物語 ※一部新規       4月27~5月2日
栃木市   とちぎ山車まつり 春の陣       5月1~2日
佐野市   さのスプリングフェスタ2019    4月中旬(予定)
壬生町   壬生町大名料理            4月~
      壬生藩鳥居家三万石の大名料理