【カフェ巡り】ガーデンカフェ南の麦(足利)

 【カフェ巡り】ガーデンカフェ南の麦(足利)

 高台に建つ店のテラス。さわやかな風が吹き、色とりどりの花が揺れる。「高原のカフェというイメージです」。店主の平谷孔希さん(47)が笑顔をみせる。

 もともとは、平谷さんの義理の両親にあたる池森秀夫さん(73)、嘉子さん(71)が、ガーデニングとパン作りの趣味を生かし、1999年にオープンした。その数年後、東京で会社勤めをしていた平谷さんと、妻の由樹さん(47)が加わった。

 テラスのある庭には、海外産の珍しい品種など約180種もの花が植えられている。1年中で最もたくさんの花が咲く4、5月は、色鮮やかに彩られたテラスで食事を楽しもうと、市内外から多くの女性客らが訪れ、席を埋める。

 オリジナルブレンドのコーヒーとともに、北海道産の小麦粉を使った自家製パンや、ポテトオムレツなどが自慢のメニュー。「この店で過ごす時を楽しんでもらえたら」と平谷さん。家族4人の思いが詰まった温かなカフェには、心安らぐ時間がゆったりと流れている。

 ◇メモ 足利市八幡町245の1。午前11時半~午後7時半(季節によって異なる)。月、火曜定休。電話0284・71・4764