【この店この逸品】あんドーナツ ナトリパン(鹿沼)

 ふわっとした口当たりの生地は、ただ柔らかいだけではない。コシがあり、しっかりとしたかみ応えも楽しめる。北海道産の小豆を使ったこしあんとの相性もぴったりだ。

 生地は前日に練って一晩寝かせ、翌朝早くから味付けをして再度練り上げる。「この二段仕込みをしないと、うちのパンの味にはならない」。代表の森脇孝仁(もりわきたかひと)さん(66)は力を込める。

 1954年に父義信(よしのぶ)さんが鹿沼市天神町で店を開業した。親族が東京・浅草で営んでいたパン店「ナトリ」の職人から指導を受けてのオープンだった。店名もそこから来ているという。71年に店を現在地に移転した後も、多くの人から親しまれ、昨年創業60周年を迎えた。

 たまごドックやサラダドックなども人気。商品は全部で35種類にもなる。しかし最も早く売り切れるのはあんドーナツ。1日平均100個作るが、早ければ午前中に売り切れるという。

 「創業当時の伝統の味を守りながら、時代に合ったパンを提供していきたい」。森脇さんは今日も早朝から仕込み作業に取り組んでいる。

 ◇メモ あんドーナツは130円(税込み)▽鹿沼市日吉町879の18▽電話0289・62・6969▽営業時間 午前9時~午後7時(売り切れ次第終了)▽定休日 日曜