シーフード料理コンクールで入選した黒尾さん

黒尾さんが考案した「たらの梅巻き~のりあんかけおこげを添えて~」(全国漁業協同組合連合会提供)

シーフード料理コンクールで入選した黒尾さん 黒尾さんが考案した「たらの梅巻き~のりあんかけおこげを添えて~」(全国漁業協同組合連合会提供)

 第19回シーフード料理コンクール(全国漁業協同組合連合会主催)が昨年12月16日に都内で開かれ、矢板高栄養食物科3年黒尾茉由(くろおまゆ)さんが「プロを目指す学生部門」で入選を果たした。

 今回のテーマは「のりと魚介藻類を使った料理」。同部門は専門的に調理・栄養を勉強している学生などが対象で、全国から1737点が寄せられた。このうち黒尾さんの作品を含む8点が書類選考を通過し、実技審査に進んだ。

 黒尾さんの料理は「たらの梅巻き~のりあんかけおこげを添えて~」。薄く切ったタラで大葉と梅干しのペーストを巻いて油で揚げ、のりを使ったあんを添えた。「魚料理が好きな母に食べてもらいたいという思いから考えた」という。あんの味付け、のりの風味や色合いを残すことなどに試行錯誤した。