寺内監督(後列中央)と今シーズンの健闘を誓う新入団選手=14日午後、小山市梁

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は14日、小山市梁の小山ベースボールビレッジで新入団選手の発表記者会見を行い、前中日の若松駿太(わかまつしゅんた)投手ら10人がシーズン開幕への意気込みを語った。

 Web写真館に別カットの写真

 今季、栃木GBには投手6人、捕手2人、内野手1人、外野手2人が入団。この日の会見には練習生一人を除く全員が出席した。寺内崇幸(てらうちたかゆき)監督は「能力だけでなく、野球への熱意という部分などを総合的に見て獲得した。このメンバーがチームを支えて優勝し、一人でも多くがNPB(日本野球機構)へ行けるようになってほしい」と期待を込めた。