【この店この逸品】フルーツグラノーラバー ましこのマルシェ(益子)

 口に運ぶと、ざくっとした食感が心地よい。きび砂糖やドライフルーツの優しい甘さが口いっぱいに広がり、鼻から抜けるココナツの香りが後を引く。

 「フルーツグラノーラバー」は穀物とフルーツなどで作る焼き菓子。3月から販売を始めた。ましこのマルシェに販売を委託する泉’s Bakery店主の加守田泉(かもだいずみ)さん(51)は「毎日食べても安心な、おいしいお菓子を作りたかった」と話す。早くも評判が広まり、リピーターが続出しているという。

 作り方はシンプル。ドライフルーツを豆乳で戻し、町内産無農薬の全粒粉小麦粉やナッツなどを加え、ざっくりと混ぜる。混ぜる回数に食感を良くする秘密があるという。オーブンで約30分焼いて完成する。

 加守田さんは、2010年3月、移動販売のパン屋として同店を開店。現在も週1回、車で町内を回っている。

 店頭販売を希望する常連客の声を受け、14年7月、ましこのマルシェのオープンと同時に委託販売も始めた。「自然な甘さを味わってほしい」と笑顔だ。

 ◇メモ フルーツグラノーラバー(2本)は400円▽益子町益子3330の1▽電話0285・81・6310▽営業時間 午前9時~午後5時▽定休日 火、水曜