【続・北の味めぐり】ホンモロコ料理 御前岩物産センター(那珂川)

【続・北の味めぐり】ホンモロコ料理 御前岩物産センター(那珂川)

 盛り籠に乗った素揚げの小魚は那珂川町の特産品の一つ「那珂川町里山ほんもろこ」。高級魚の名にふさわしく、骨まで食べられそのままでも苦味が無い。ポン酢やレモン、しょうゆで食べても相性がよい。

 このホンモロコ、養殖されている場所はいけすでなく休耕田なのだから驚きだ。現在町内の5カ所で養殖が行われ、「温泉トラフグ」や野生のイノシシ肉「八溝ししまる」などに続く町の新たな特産品として注目されている。

 年間を通して那珂川町里山ほんもろこを食べたいのなら「御前岩物産センター」だ。名物のホンモロコは素揚げ、から揚げ、天ぷら各650円。町の特産品になることを知り、約4年前に商品化した。

 素揚げは特に人気で、体長約6センチの成魚に小麦粉をまぶし約180度の油で2度揚げする。籠には揚げたての成魚約20匹が並ぶ。「本来の味を楽しんでもらうためにシンプルにしました」と塩沢孝子社長(54)。このほか温泉トラフグや八溝そばなど、地元特産品の料理もお薦めだ。

 春には店の東を流れる武茂川沿いの桜を見ながらホンモロコをつまむのも風情がある。

 ◆メモ 那珂川町大山田下郷2766。午前9時~午後4時。元日定休。そば打ち体験(団体は要予約)もできる。電話0287・93・0680。