【北の味めぐり】那須豚生姜焼セット NSPひなたぼっこ(大田原)

【北の味めぐり】那須豚生姜焼セット NSPひなたぼっこ(大田原)

 松林越しに那須・日光連山が見渡せ、丘陵には牧草地が広がる。差し込む陽光も気持ちいい、開放的なレストランだ。テニスを楽しむ人も見える。2時間限りのランチタイムでは、この道40年の料理人が腕を振るう。

 ここは県外からの利用客が多い湯津上の滞在型スポーツ施設「那須スポーツパーク(NSP)」。宿泊客用レストランだが、昨年4月、オープン30周年に「地元の方にもっと知ってもらいたい」との思いを込め、ランチ営業を一般開放した。「ひなたぼっこ」と名付け、150席に増床した。

 大原敏清(おおはらとしきよ)店長(57)は「和洋中の入るパーティー料理が最も得意」といい、メニューは多彩だ。

 一番人気は「那須豚生姜(しょうが)焼セット」(800円)。那須地域産の脂ののったリブロース切り落としを甘辛いソースで仕上げており、湯津上産米のご飯との相性は抜群。施設略称を冠する「NSP弁当」(1200円)は要予約だが、年配客の支持を得ている。

 「近くに来たら、ぜひ、ひなたぼっこしにいらしてください」と大原店長。ランチの場所が少ない湯津上地区では、ありがたい存在だ。

 ◆メモ 大田原市湯津上2745。午前11時半~午後1時半。不定休。電話0287・98・2811。