【よるのみや】和食をカジュアルに ニッポンバールHACHITORA

【よるのみや】和食をカジュアルに ニッポンバールHACHITORA

 気になっていた店を訪れるため、駅東まで足を延ばした。

 大橋朋広店長によると、ニッポンバールとは「和食をカジュアルに楽しんでほしいと名付けた」。広い店内は約80人が収容でき、半個室やカウンター席も。少人数からパーティーまで、どんなシーンでも気軽に和食を味わえそうだ。

 まずは、看板メニューの魚串(5本)をオーダーした。ホタテ、シシャモ、ハラス…。その日に入った新鮮な魚介類と地元産の野菜を備長炭で焼き上げた逸品。注文率が高いというのもうなずける。

 刺し身盛り合わせは大谷石板に日光杉の枠を付けた台に盛られている。「極芯厚牛タン炭火焼き」のぶ厚さは看板に偽りなし。丸鶏のダッチオーブン焼きなど和食以外も充実している。

 合わせるのはやはり日本酒だな。県内外の銘酒がそろっている。ワインも豊富で、リンゴのスパークリング「シードル」の樽生は女性客に人気。週末は予約した方が無難とのことだ。