小林会長(右)から県旗を受け取る鈴木選手=13日午前、宇都宮市

 全国から選抜された熟練技能士が日本一を競う「第30回技能グランプリ」に出場する本県選手団の結団式が13日、宇都宮市内で行われた。エールを受けた本県代表3職種4選手は「金メダルを目指す」などと活躍を誓った。

 技能グランプリは、技能士の技能や社会的地位の向上、技能の振興を図ることを目的に隔年で開催している。今年は3月1~4日、神戸市をメイン会場に開かれる。