日本語学校の設置が計画されている旧栗山中。開校が延期された=2018年11月、日光市日向

 日光市日向の旧栗山中校舎で日本語学校の2020年4月開校を計画している温泉宿泊施設「奥鬼怒温泉郷 八丁の湯」(同市川俣)は13日までに、開校を延期する方針を明らかにした。当面は1年をめどに延期するという。

 八丁の湯の大栗淳(おおぐりじゅん)社長(47)は「4月施行の改正入管難民法成立で留学生を巡る環境が変わってきているため」と説明。ただ「このような受け入れの仕組みは必要なのでぜひ実現させたい」としている。