子育て施策の充実へ基金設置を表明する斎藤市長

 【矢板】斎藤淳一郎(さいとうじゅんいちろう)市長は13日の予算発表記者会見で、子育て支援に柔軟に対応するため「市子ども未来基金」を3月にも創設する考えを明らかにした。4500万円を積み立て、小中学校新入生の体育着無償配布や学校給食費の一部助成などに充てることを検討する。

 早ければ2020年春の新入生は小学生1万円、中学生1万3千円ほどの購入費が無料となる。